デザインを作る上で、クライアントさんがイメージするものとのすり合わせがとても重要です。
「かっこいい感じでお願いします」と言われた際も、クライアントさんがイメージする「かっこいい」と自分の考える「かっこいい」は同じでないことがほとんどです。
デザインを作ってから「こういうイメージじゃないんだよね〜」とならないために、
今回はデザインをする前に確認したい、イメージのすり合わせ方法をご紹介します。
これが正しいというわけではなく、数ある方法の1つとして参考にしていただけると幸いです。

基本的には、イメージに近そうな既存のサイトやデザインを提案します。
「かっこいい感じで」と言われたならば、「かっこいい webサイト」などで検索をして、いくつか既存のサイトでイメージを確認したり、
「赤を使いたい」と言われたならば、「赤 webサイト」などで探すのも良いと思います。

ベンチマークのサイトがあったり、ある程度イメージを聞いている状態で、
もっと詳しく聞けるのであれば、下記のことも確認しておくと良いでしょう。

・形/余白のトーンについて
・色のトーンについて
・フォントについて
・イラスト/アイコンのトーンについて

確認項目は下記になります。
・項目名
・イメージの説明
・URLをピックアップ(1〜3つくらい)

具体的な例を見ていきましょう。

・形/余白のトーンについて
「余白をしっかり取って洗練されたイメージ」
https://hikarina.co.jp/
https://www.uzabase.com/jp/

・色のトーンについて
「白ベース、青をアクセントカラーに使用」
(色に対する意図の説明を添える)
https://goodpatch.com/
https://www.jw-advisers.co.jp/

・フォントについて
「洗練されたイメージを作るため、スタイリッシュなフォント」
(どのようなフォントがふさわしいかの説明を添える)
https://bp-recruit.jp/
https://identity.city/

・イラスト/アイコンのトーンについて
「シンプルでフラットなイラスト」
(Adobe Stockなどからでも)
https://stock.adobe.com/jp/contributor/207504453/oksana?load_type=author&prev_url=detail&asset_id=279821543

欲張らずに、1項目1つの例をあげることがポイントです。
ある程度、相手のイメージを聞いているのであれば、ふわっと聞くよりも、こういうイメージかな?と確認しにいってしまった方が、よりイメージの共有度が高くなります。
もし違うとなれば、そのイメージではないということがわかり、イメージの共有ミスが減ります。
また、上記以外にも、その都度「デザインのイメージ」「レイアウトのイメージ」「動きのイメージ」など確認しておきたい項目を追加していくのが良いと思います。
作り始めてから違った!ということにならないためにも、最初の段階でイメージのすり合わせを行うことが大切ですね。

PREV
2021.08.31
リンク付き目次を自動生成する方法
NEXT
2021.09.01
Shopifyって何?