目次

    JavaScript非同期処理について

    こんにちは、Benと申します!今回は javascript の 「非同期処理」 について紹介したいと思います!

    JavaScriptで非同期プログラミングは、現代のWeb開発において欠かせない要素です。非同期処理を用いることで、データの読み込みやファイル操作など、時間がかかる操作を行っても、メインスレッドをブロックせずに処理を進めることができます。これから Promise, async/await, then について紹介させていただきます。


    Promiseの基本

    Promise はJavaScriptにおいて非同期処理を扱うためのオブジェクトです。Promise object は、非同期操作が成功したか失敗したかを表す「状態」と、その結果を扱うための方法を提供します。主な状態には、「pending(未決定)」、「fulfilled(成功)」、「rejected(失敗)」があります。


    async/awaitの利用

    async/await は、Promise をより簡潔かつ直感的に扱うための構文です。async を関数の前につけることで、その関数は常に Promise を返すようになります。await は async 関数内でのみ使用でき、Promise の解決を待つために用います。


    まとめ

    JavaScriptの非同期処理は、複雑なWebアプリケーションにおいてスムーズなユーザーエクスペリエンスを実現するために重要です。Promise や async/await を適切に利用することで、非同期処理のコードを読みやすく、効率的に管理することが可能です。この基本をマスターすることで、より高度な非同期処理の技術に挑戦する土台を築くことができます。

    それでは、また来月〜

    PREV
    2024.05.11
    AI×マンガ展
    NEXT
    2024.06.14
    【初心者必見】季節感のある色彩3選 〜夏編〜