目次

    Virtual Box インストール

    上のURLからWindow用の.exe ファイル形式をWindows hostsからダウンロードしてVirtual Boxを実施ます。
    Virtual Boxをインストール後にVMウェア設定に続けます。

    VMウェアインストール

    最初的にISOファイルのダウンロードが必要ので、以下のURLからUbuntu ServerISOファイルをダウンロードします。ダウンロードした後、VM作成します。

    https://jp.ubuntu.com/download

    VM作成

    ステップ1:仮想マシン名とオペレーティング システム

    名前:VM名

    フォルダ:VMウェアの格納先(※メモリスペースが多い箇所にフォルダを作成ください。)

    ISO イメージ:ダウンロードしたISOファイルをアップロードする。

    ステップ2:ゲスト OS のインストール セットアップ

    ユーザ:ユーザ名を設定

    パスワード:ログインするためパスワードを設定

    ホスト:何でもい

    ステップ3ハードウェアと仮想ハードディスクを設定

    . ベースメモリ設定

    . プロセッサー設定

    . 仮想ハードディスク設定

    ステップ4内容を確認して完了します。

    Ubuntuサーバ作成

    ■Apache設定

    Apache実施する為、以下のコマンドを実施する。

    sudo apt update        
    sudo apt install apache2        
    sudo systemctl start apache2
    sudo systemctl restart apache2
    sudo apt install php libapache2-mod-php php-mysql

    ■PHP Install

    sudo apt install php libapache2-mod-php php-mysql

    ■Mysql Install

    sudo apt install mysql-server

    ■PhpMyadmin Install

    sudo apt install phpmyadmin

    まとめ

    Windows上でUbuntu Serverを正常にインストールおよび設定しました。これらの手順に従うことで、Windows上でUbuntu Serverを仮想マシンとして簡単に設定できます。

    最後までお読みいただきありがとうございました。また来月のLabでお会いしましょう。


    それではまた。

    PREV
    2024.04.15
    【比較】結局縦型とドラム式どっちがいいの?
    NEXT
    2024.05.10
    【レビュー】特定小型原動機付自転車(俗称:電動キックボード)について