目次

    広告運用で主に使う単語はそれぞれ以下の通りです。

    パッと見るとボリュームはありますが、2週間ぐらいで大体覚えられる内容です。

    本質的には略された英語を覚えれば、掴みやすいかと思うのでセットでキッチリ覚えましょう!


    IMP

    インプレッションとは広告が表示された回数のことを指します。

    1,000回表示された場合は、その出稿している広告のネットワーク(Ad Network)上のユーザーへ1,000回表示されたことを意味します。


    ちなみにAd Networkをザックリ解説すると、複数の広告媒体(Webサイトやソーシャルメディア、ブログ等)を集めて広告配信のネットワークを作り、それらの媒体に広告をまとめて配信する仕組みのことを指します。


    Click

    表示された広告のクリック数です。

    それ以上でもそれ以下でもありません。


    CTR

    表示された広告に対して、クリックされた割合です。

    配信するなら、

    1,000回表示されて100回クリック (CTR 10% ) されるより、

    1,000回表示されて200回クリック (CTR 20%) されたほうが

    良いですよね。


    CPC

    広告をクリックされた時にかかるクリック単価です。

    クリック単価100円

    クリック単価50円

    の広告なら単純計算でCPAが2倍違います。


    CV

    クリックされた広告から、目標とするアクションが実施された時のことを、コンバージョンと呼びます。


    CVR

    クリック数 ÷ CV数 (×100) で算出できます。

    CV数は絶対値なので、予算や入札単価などの費用面に左右されますが、CVRはクリックに対して算出されるので、コストによる費用面には影響を受けません。


    COST

    広告にかかった費用です。予算はクライアントをしっかり握っておきましょうw


    CPA

    CVにかかった費用です。

    コスト ÷ CV数 で算出が出来ます。

    1件のコンバージョン獲得に辺り、5,000円なのか10,000円なのかで、2倍違いますので、下げられるなら下げるに越したことはないです。


    ROAS

    ロアースと読みます。算出方法は、売上 ÷ 広告費×100(%) で算出できます。

    広告の費用対効果という意味になり、広告費に対してどれだけ売上として見返りを得られたかを表す指標です。

    広告費1円あたりの売上額を知り、広告費用の回収率を知ることができます。

    100%の場合が、売上と広告費用がトントンであることを指します。


    ROI

    読み方はアールオーアイです。算出方法は、利益 ÷ 広告費×100(%) で算出できます。

    投資に対する利益という意味になります。

    広告費に対してどれだけの利益が得られたかを測れる指標で、投資した額に対してどれだけ採算が取れたのかがわかります。

    ROIは使い辛いので、必要に駆られた時に使用すれば良いと考えています。


    まとめ

    以上、広告運用で必要な基本用語集でした。

    毎日当たり前のように使われる用語なので、初心者には必見の内容となっています。

    メモ帳に頑張って書くより、ここをコピペで用意しておけば良いでしょう(笑)


    PREV
    2022.05.13
    ブランディングとは? - 概要と心構え -