目次

    概要

    行動の概要データです。
    ここに表示されている数値データは、Webサイトの改善では全て重要な指標となります。
    一般的にはPV数が注目されますが、直帰率と離脱率は指標としては大事になります。

    ・直帰率
    Webサイトに訪問し、他のページに遷移せず (1ページしか見なかった) に直帰したユーザーを計測します。
    ・離脱率
    Webサイトに訪問し、他のページに遷移して離脱した時に、そのページを”離脱”としてカウントされます。

    例えば、直帰率100%だと、100人中100人が他のページには目もくれずブラウザバックしたことになります。

    離脱率100%だと、100人中100人が離脱したため、そのページに辿り着いたのは良いもの、圧倒的に詰まらないコンテンツなどの理由で、運営しているWebサイトの質が低いと判断できます。

    行動フロー


    流入元ページ〜離脱されるまでの傾向をグラフィカルに見ることが出来ます。
    例えば以下のような前提の時、ページXはユーザーの導線としては間違えであると判断できます。

    ページAから入った90%のユーザーがページBに流入している。
    本来狙っているのは、ページAから入ったユーザーがページXの【お問い合わせフォーム】に誘導したい。

    CTAの置き方が悪いのか、それともページBにCTAを設置し直すのか、検討が必要です。

    サイトコンテンツ

    どのページが、どのような状態であるのか、各ページの健康状態を把握できます。
    行動フローをテキストの数値にまとめた形になります。