登場人物

【ページネーション】
一定数のコンテンツごとにページを分けて、ユーザーがボタンを押すことでページ遷移をします。

【無限スクロール】
コンテンツリストの一番下までいくと、自動で次の○件数を読み込みます。
ユーザーはひたすら下にスクロールしていくだけ。

メリット / デメリット


◉ 無限スクロールのメリット
・スクロールするだけの方が、クリックより早くて簡単。

✖︎ 無限スクロールのデメリット
・フッターに永遠に辿り着けない...
(→ 解決策として、画面下に固定表示にするか、ナビゲーションバーに要素を集約する方法がありそうです。)
・同一ページで多数のコンテンツを読み込むことによって、読み込みスピードが遅くなる可能性がある

◉ ページネーションのメリット
・現在地がわかる

✖︎ ページネーションのデメリット
・クリックという一手間が発生する

サイトの性質を見極め、向き不向きを考える


それぞれのメリット / デメリットを理解した上で、サイトに適した方を採用するときの選び方を考えていきます。
まず見るべきポイントは、ユーザーが特定のものを探すのか、ただ多くの情報を見渡したいのか、です。
無限スクロールは、TwitterなどのSNSでよく採用されていますよね。これは、"一度見たコンテンツに戻る"
という動作があまり発生しないからです。

逆に、さっきみたコンテンツをもう一回見たい、という欲求が発生するECサイト系には、
現在地を把握しやすいページネーションが適しているでしょう。

おまけ


以上!よきGWを!
PREV
2021.04.30
アプリデザインの「カラー選び」と「フォーム作成」