Windowsユーザーの基本スタイルに、パソコンとマウスを1セットで使う感じがありますよね。

でも右隣のエンジニアさん、左隣のデザイナーさんがスタイリッシュなMacBookにマウス無、タッチパッドのみでサクサク業務してるところを見ると、凄くちょっとだけ、羨ましいですよね。

ということで、私がWindowsユーザーでもMacに負けない最強タッチパッドカスタムをお教えします。

目次 

  • タッチパッドの設定方法
  • 私のタッチパッド割り当て
  • おまけ:仮想デスクトップと組み合わせる
  • まとめ


  • タッチパッドの設定方法

    ここではタッチパッドのカスタム方法について説明します。

    やり方が分からない場合は、私の設定をそのまま真似てみて、後でご自身に合う方法でカスタムするのもありでしょう。

    ちなみに、私は過去5回ぐらい、Windowsのタッチパッドを自身に最適化しています。




    タッチパッドの設定をクリック。




    ちょっと横道ですが、ここでカーソル速度を最速にしましょう。

    最初は慣れませんが、慣れると目的地まで最速でカーソルを移動させられます (設定が最速ですから)。


    会議の場面でも、目的地までポインタを持っていくのに何回もタッチパッドをなぞっていたらみんな寝てしまいます。

    カーソル速度を最速にしておけば、1回のなぞりで、デュアルディスプレイの端までカーソルを動かせるので、ある意味こちらが最優先かも。




    小さな積み重ねですが、業務効率化になるどころか、何度もスワイプすることによる指と手首の負担を軽減出来ます。

    それが完了したら、【ジェスチャの詳細設定】をクリッ クします



    Windowsのタッチパッドは割と自由にカスタム可能が可能です。
    Microsoftの標準の仕様で割り当てるか、カスタムでショートカットのコマンドを割り当てることが可能です。
    標準仕様とカスタムショートカットについては、後述の私の割り当てにて説明します。

    Windows標準の初期ジェスチャー設定は、せっかくのジェスチャー機能が宝の持ち腐れ状態で設定されています。高機能な設定をしてタッチパッドのスペックを最大限発揮しましょう。



    私のタッチパッド割り当て

    とは言ってもいきなり設定をこなすのは難しいかもしれませんので、私の設定を紹介します。

    前提として、【カスタムショートカット】とは、ショートカットコマンドを割り当てることが出来ます。
    【記録を開始する】をクリックして、任意のキーボード入力を行うと、そのショートカットがタッチパッドに割り当てられます。


    ・3本指タップ
    Windowsマーク + D (カスタムショートカット)
    デスクトップに戻ります。



    ・3本指上
    タスクビュー (初期設定同様)

    ・3本指下
    アプリの切り替え (初期設定では3本指左右に割当)

    ・3本指右
    デスクトップを切り替える
    仮想デスクトップを右に移動できます。

    ・3本指左
    デスクトップを切り替える
    仮想デスクトップを左に移動できます。

    ・4本指タップ
    Enter (カスタムショートカット)
    エンターキーを押します。


    ・4本指上
    FN + 右 (カスタムショートカット)
    Webページなどで、一番上にスクロールします。

    ・4本指下
    FN + 左 (カスタムショートカット)
    Webページなどで、一番下にスクロールします。

    ・4本指右
    Ctrl + Shift + Tab (カスタムショートカット)
    Webページなどで、タブを右に移動できます。
    PCによっては Ctrl + FN + ↑ でも可能です。

    ・4本指左
    Ctrl + Tab  (カスタムショートカット)
    Webページなどで、タブを左に移動できます。
    PCによっては Ctrl + FN + ↓ でも可能です。



    おまけ:仮想デスクトップと組み合わせる

    私のショートカットのカスタムで、仮想デスクトップの移動がありますよね。
    仮想デスクトップと、前回のブックマーク一括追加機能を合わせれば、1つのデスクトップ毎に1プロジェクトでタスクをこなせます。

    今回のタッチパッドカスタムと合わせて、ガンガン使いこなしましょう。


    まとめ

    前回のブックマークまとめ機能と合わせて、2回に渡って業務効率化について掲載しました。
    これらをマスターしてしまえば、あちこちにタブを開いては閉じて、マウスで頑張って操作していた頃に比べると各段に業務スピードが上げられます。
    数値で比較したことは無いので具体的なデータはありませんが、頑張って使いこなす価値は間違いなくあるでしょう。






PREV
2021.08.31
LAMP環境ってなに?
NEXT
2021.08.31
リンク付き目次を自動生成する方法