目次

    下準備をしよう


    前提条件として、
    ・Pythonはインストール済み
    ・Slackのワークスペース・チャンネルは作成済み
    のものとして話を進めていきます。

    筆者は
    MacBook Pro (M1)
    Python 3,10.2
    を使用しています

    Slackの準備

    今回、メッセージを送るために「Incoming Webhooks」を使用します。

    1.「Incoming Webhooks」をSlackに追加する
    SlackアプリのAPPから検索します。

    Slackに追加をどんどんクリック。

    2.設定する
    メッセージを投稿したいチャンネルを選択します。
    他の人も参加しているワークスペースの場合、自分のDMに設定してテストすることをおすすめします。
    たくさん人がいるチャンネルに誤爆しても責任は取れません。

    「インテグレーションの追加」をクリックすると、URLが発行されます。
    ひとまずSlack側の準備は完了です。



    Pythonの準備

    Pythonにはurllibという標準ライブラリがあって、これを使用してURLを開くことができます。
    しかし!この子を使うとよくわからないコードをたくさん書く必要があります。
    そこで今回は、もっと簡単に実行できる”Requests”というHTTPライブラリを使用します。

    インストールは簡単。
    まずはこちらのコマンドをターミナルで実行します。
    pip install requests
    終わりです。簡単でしょう?



    いざ投稿!

    準備ができましたので、スクリプトを書いていきます!

    #さっきインストールしたライブラリの読み込み
    import requests
    import json

    #WEB_HOOK_URLに、さっき発行したURLを設定
    WEB_HOOK_URL = "https://hooks.slack.com/services/さっきのURL"

    requests.post(WEB_HOOK_URL, data=json.dumps({
    #メッセージ
    "text" : "Pythonから投稿してるぜ",
    }))

    これだけでできちゃうんです!
    すごい!!
    とりあえず投稿してみます。
    ターミナルで
    python ファイル名
    を実行。

    ドン!

    できました!!簡単すぎる!!!

    Incoming Webhookのガイダンスに色々書いてあったので試してみましょう