目次

    ・はじめに
    ユーザー項目は、一言でまとめると、Webサイトにどのような経緯でユーザーが訪れたかがまとめられています。
    運営されているWebサイトによって注目すべき点は変わりますが、集客はGoogle Analyticsの中でも重要なデータ群です。
    ここできっちり覚えましょう。
    また、Google Analyticsの中でもTOPクラスに重要な、参照元/メディアの情報がありますのでお見逃しなく。



    概要

    集客の概要データです。注目すべきはどのチャネルからの集客か、というところです。
    Organic Serchは自然検索、Directは直接URLの入力、ブックマークから訪問などを指します。
    また、広告を運用している場合、その広告から流入はPaid Searchとなります。

    行動やコンバージョンはそれぞれ個別で詳細ページがあるので、ここでの紹介は省きます。

    チャネル

    概要で少し触れていますが、改めて説明します。
    ここのデータは基本的にユーザーが”どのジャンルから流入”しているか、の流入元を指します。
    例として、Organic Search に焦点を当てます。
    その中でも良く確認する項目は以下の3つです。


    ・セッション数
    Webサイトに訪問したユーザーの訪問回数を示します。
    UU (ユニークユーザー) 数との混同に注意です。
    違いとしては特定期間内に、同じユーザーが5回訪問して5回カウントするのがセッション数、1回としてカウントするのがUU数です。

    ・直帰率
    離脱率との混同に注意です。
    直帰率はWebサイトに訪問し、他のページに遷移せず (1ページしか見なかった) に離脱したユーザーです。
    離脱率はWebサイトに訪問し、他のページに遷移して離脱した時に、そのページを離脱としてカウントされます。
    (ザックリ、その理解でOKです) 

    ・平均セッション時間
    1セッションにおける、Webサイトの平均滞在時間です。
    この時間は長いほど良いです。

    参照元 / メディア

    ツリーマップはあまり有用性無いためスキップします。
    こちらはGoogle Analyticsの中でもTOPクラスに (個人的には) 重要な指標です。