目次


    空間紹介

    インタラクティブな空間に浸り体験してきました。







    アトラクション

    中のアトラクションは主に3っつあり
    1.「ちはやふる」の小泉徳宏監督が率いるモノガタリラボがオリジナルのマンガを読む!
    2.あなたの行動はAIにどう判断されるのか?マンガの世界をインタラクティブに擬似体験
    3.AIに学習させるためのデータのラベル付け作業「アノテーション」を疑似体験!




    まとめ

    テーマは暮らしの中に潜む社会課題について学び、考えるというものです。
    巨大スクリーン一面に投影されたマンガの世界に入り込むことができる、
    マンガとインタラクティブ映像が融合した新感覚の体験型コンテンツ。

    AIの開発に欠かせないアノテーションを体験できるコンテンツや、
    自身の行動を意図せずラベル付けされてしまうコンテンツの体験を通して、
    AI活用における社会課題を知り、これからのAIとの向き合い方を考えることができました。

    皆さまもこの展示に赴き新しいマンガ体験を通して、
    これからのAIとの向き合い方をみんなで考えてみませんか?
    PREV
    2024.05.10
    【レビュー】特定小型原動機付自転車(俗称:電動キックボード)について
    NEXT
    2024.05.13
    JavaScript 非同期処理について